肉眼印象的描写を越えて
  存在感を強調するためにHDRを利用

案内パンフレットや情報誌などに掲載するインビテーション写真は、印象形成力が集客力と直結します。
このような写真には、いわゆる「嘘写真」にならないぎりぎりの印象形成演出が求められます。

演出する印象の方向性も、単なる奇麗さやインパクトだけではなく、個々サイトの特質を正しく捕まえた非言語的なメッセージ力が重要となるため、通常多くの試行錯誤による試作プレビューが欠かせませんし、トーン演出としてのHDR技術だけでなく、カメラアングルなどの画面構成とのコンビネーションが決め手となります。

トップへ戻る