Image of

  お料理のビビッドさを活かしつつ
  シャドウつぶれを防ぐためにHDRを積極活用

デジタル撮影・デジタル加工が一般的になったことにより、高難易度の代表であった料理写真もお手軽に撮れるようになりましたが、他方で長年積み重ねられて来た高度な照明技法が失われ、食品独特のリアルな質感に乏しい、まるで食品サンプルを精密に描写したような写真が増えてきました。

HDR加工を前提として撮影する場合には、技巧的な照明技法をフィルム時代以上に積極適用することができ、リアルな質感描写はもちろんのこと、被写体の持つシズル感やクオリティ感をワンランク以上高く演出することも可能となります。

トップへ戻る